契約内容登録制度、契約内容照会制度

お客さまのご契約が登録されることがあります

弊社は、一般社団法人生命保険協会、一般社団法人生命保険協会加盟の他の各生命保険会社*1および全国共済農業協同組合連合会(以下「各生命保険会社等」とします)とともに、保険契約もしくは共済契約または特約付加(以下「保険契約等」とします)のお引受けの判断あるいは保険金、給付金もしくは共済金等(以下「保険金等」とします)のお支払いの判断の参考とすることを目的として、「契約内容登録制度」*2に基づき、弊社の保険契約等に関する下記の登録事項を共同して利用しております。

保険契約等のお申込みがあった場合、弊社は、一般社団法人生命保険協会に、保険契約等に関する下記の登録事項の全部または一部を登録します。ただし、保険契約等をお引受けできなかったときは、その登録事項は消去されます。

一般社団法人生命保険協会に登録された情報は、同じ被保険者について保険契約等のお申込みがあった場合または保険金等のご請求があった場合、一般社団法人生命保険協会から各生命保険会社等に提供され、各生命保険会社等において、保険契約等のお引受けまたはこれらの保険金等のお支払いの判断の参考とさせていただくために利用されることがあります。

なお、登録の期間ならびにお引受けおよびお支払いの判断の参考とさせていただく期間は、契約日、復活日、増額日または特約の中途付加日から5年間とします。各生命保険会社等はこの制度により知り得た内容を、保険契約等のお引受けおよびこれらの保険金等のお支払いの判断の参考にする以外に用いることはありません。

また、各生命保険会社等は、この制度により知り得た内容を他に公開いたしません。

登録事項

  1. 保険契約者および被保険者の氏名、生年月日、性別ならびに住所(市・区・郡までとします)
  2. 死亡保険金額および災害死亡保険金額
  3. 入院給付金の種類および日額
  4. 契約日、復活日、増額日および特約の中途付加日
  5. 取扱会社名
  • * その他、正確な情報の把握のため、契約および申込みの状態に関して相互に照会することがあります。
  • * 上記登録事項において、保険契約者、被保険者、(災害)死亡保険金、入院給付金、会社とあるのは、共済契約においてはそれぞれ、共済契約者、被共済者、(災害)死亡共済金、入院共済金、団体と読み替えます。

弊社の保険契約等に関する登録事項については、弊社が管理責任を負います。契約者または被保険者は、下記手続に従い、登録事項の開示を求め、その内容が事実と相違している場合には、訂正を申し出ることができます。また、個人情報の保護に関する法律に違反して登録事項が取扱われている場合、下記手続に従い、利用停止あるいは第三者への提供の停止を求めることができます。各手続きの詳細については、弊社カスタマーサービスセンター(フリーコール 0120-974-863)にお問合せください。

契約内容登録制度・契約内容照会制度における登録事項に関する開示等請求について

弊社を保険者とする保険契約の契約者または被保険者は、下記の開示対象事項について開示を求めることができます。

開示対象事項

  • 当制度に基づく登録の有無
  • 登録事項
  • * ただし、登録後5年を経過した場合は、当該情報の消去等により回答できないことがあります。また、ご本人以外の方に関する個人情報等開示できない場合もあります。

請求の方法

請求受付場所 カスタマーサービスセンターまでご連絡ください。

アリアンツ生命保険株式会社 カスタマーサービスセンター
0120-974-863
受付時間:月曜~金曜(祝日、年末年始を除く)9:00~17:00

提出いただくもの
  1. 所定のお申出書(ご請求者の押印)
  2. 本人確認資料
本人確認資料の提示について
  1. ご本人による請求の場合
    • ご本人の本人確認資料をご提出ください。
  2. 代理人(指定代理請求人、未成年後見人、成年後見人、ご本人が委任した代理人をさします)による請求の場合
    • 代理人本人の本人確認資料をご提出ください。
    • 委任状(ご本人が、印鑑登録証明書の印(印鑑登録証明書を添付)を押印ください。)、後見開始審判書または戸籍謄本等、代理権の有無およびその範囲が確認できる資料

回答方法

後日、弊社より回答書をご請求者[ご本人等]宛に送付いたします。なお、ご請求に応じかねる場合には回答書においてその旨をお知らせいたします。

訂正・追加・削除請求

万一、上記手続により開示された登録の内容に誤りがある場合、内容の訂正、追加または削除を申し出ることができます。請求の方法は、下記の資料を提出いただくほか、開示請求の場合と同様です。

  • 開示請求時の回答の写し
  • 当該情報に誤りがあることを示す資料

利用停止・第三者への提供の停止請求について

万一、上記手続により開示された登録について、個人情報の保護に関する法律に違反する取扱いがされている場合、利用停止あるいは第三者への提供の停止を申し出ることができます。請求の方法は、下記の資料を提出いただくほか、開示請求の場合と同様です。

  • 開示請求時の回答の写し
  • 個人情報の保護に関する法律に違反する取扱いがされていることを示す資料